忍者ブログ
オリジナル&注文家具の製作工房 「Heart Craft」の木工日記
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
加藤晴子
性別:
女性
職業:
木工作家
自己紹介:
あったらいいな、の家具や遊具をめざしてコツコツと家具作りに勤しむ毎日です。
木工と趣味が合わさって
太鼓台ドットコム(太鼓台とバチの通販ショップ)を
開店いたしました。太鼓台とバチ好評発売中!

自己紹介はこちら →http://www.maroon.dti.ne.jp/hr-craft/
お問い合わせメールフォーム
ブログ内検索
最新CM
[10/24 シンク]
[10/24 カトー]
[10/23 シンク]
[04/27 シンク]
[03/27 かとー]
最新TB
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今週末、西岡常一さんのドキュメンタリー映画
『鬼に訊け 宮大工 西岡常一の遺言』が封切りされ
さっそく、将来大工になりたい次男13才を連れて観に行ってきました。



西岡氏は、世界最古の木造建造物『法隆寺』の昭和の大修理の棟梁ですが、
真摯に仕事に向かうその生き様に、改めて大きく感銘を受けました。

残念ながら、西岡さんは、他界されましたが、
この宮大工の技術文化は、次世代に継承されることを
心から願うばかりです。

初日ということもあり、山崎監督のあいさつもあったり、
場所をかえてトークライブもあったり。

次男も食い入るように観ていたようで、
かっこいいね、槍がんな。
かっこいいね、魂を木に込めるって。とか。

法隆寺は、607年に建立だそうですが、その柱は樹齢1000年クラスの
ひのきです。もちろん国産です。

そのころの日本の山には、そんな大木の原生林があったのですね。


西岡さんの晩年のお仕事は、薬師寺の塔と金堂と回廊です。

その木ごしらえに4年かけてます。
ひのきの仕上げは、槍がんなです。

この作業は、うちの次男の琴線にふれたようです。

この映画、東京では渋谷のユーロスペースのみの上映です。
興味ある方はぜひ!。








PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
Copyright © Heart Craft 木工日記 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]