忍者ブログ
オリジナル&注文家具の製作工房 「Heart Craft」の木工日記
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
加藤晴子
性別:
女性
職業:
木工作家
自己紹介:
あったらいいな、の家具や遊具をめざしてコツコツと家具作りに勤しむ毎日です。
木工と趣味が合わさって
太鼓台ドットコム(太鼓台とバチの通販ショップ)を
開店いたしました。太鼓台とバチ好評発売中!

自己紹介はこちら →http://www.maroon.dti.ne.jp/hr-craft/
お問い合わせメールフォーム
ブログ内検索
最新CM
[10/24 シンク]
[10/24 カトー]
[10/23 シンク]
[04/27 シンク]
[03/27 かとー]
最新TB
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ライティングビュウローのメンテナンス終了で、
本日、納品して参りました。

再塗装前は、


再塗装後は、


今回は、ベットの色味に合わせて再塗装。
天然塗料とワックスで、木目を生かした仕上げにしました。

すごいキズも


すっかりきれいに!


天板のキズもカンナで一皮けずり、



壊れて使えなかった鍵も新品に交換。


中も


家具の塗装の仕上がりは、お好みがありますが、
木の呼吸を妨げず、割れの起こらない浸透型がおすすめです。

お客さまから、
『以前のものより、ずっと気に入りました。大事に使うね』と
ステキな笑顔をいただきました。

ありがとうございました。


PR
家具のメンテナンスです。

コーティングしてある塗料の上に、浸透型の塗料は塗れません。
それを完全に除去しました。
そして、研磨作業へ。

細かいキズ、大きなキズなども一たん除去したいので、
カンナやペーパーで、削ります。



浸透している旧塗料を全て取り除くのは
かなり難しいので、キズが取れるまで削り、
再塗装します。

浸透型の塗料を塗布したいのですが、
均一には、しみ込んでくれません。ある程度はいくのですが、
しみ込む量には、限界があるのです。

そこで、浸透して残っている色味より濃い色を
しみ込ませて、うえから色を重ねて塗布していきます。

いきなり、濃くするとムラになるので、
少しずつ3回色をのせていきます。




家具のメンテナンスのご依頼です。

思い出の家具があちこちキズだらけに。
ずーときれいにしたいと思っていたとのこと。





拝見すると、サクラの無垢で丁寧に制作されたしっかりとした家具です。

天板も全く狂いもなく、しっかり水平です。


でも、気になる大きなキズがあちこちに。
これは、もったいないですね。



たぶん、浸透性の塗料で2回塗り、
仕上げにシーラーでコーティングしている感じです。

この塗装を落として、研磨する作業に入りました。

シーラー剤は、ケミカルな薄利剤を使って除去します。


しばらくすると塗料と反応して浮いてきます。
これを丁寧に削りとる忍耐の作業。
細かい部分、時間かかります。

コーティングしている塗料は割とおもしろいくらい
スーッと取れます。



あとは、研磨です。
これが、問題。地道に進みます。

仕上がりはいかに〜!




Copyright © Heart Craft 木工日記 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]